HOME食育って何? > 乱れる子供の食生活

乱れる子供の食生活 (>_<) 朝食欠食児の増加

イメージ画像

近年、子供たちの食の乱れが問題視されています。
内閣府が平成19年度に実施した『低年齢少年の生活と意識に関する調査』の報告では、”朝食をほとんど毎日食べない”児童は、小中学生全体の約14%におよんでいます。
その傾向は、大都市圏ほど割合が高く、夜更かしによる「遅寝遅起き」や、テレビやゲーム、学習塾での夜遅くまでの勉強など、生活スタイルの変化が考えられます。

短い睡眠時間(*´0)ゞファァ…

内閣府が平成19年度に実施した『低年齢少年の生活と意識に関する調査』の”小中学生の就寝時間の調査によると、小学生全体の約19%が午後11時以降、中学生全体の約30%午前0時以降に就寝しています。